キャッシングの上限

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め

スポンサーリンク

大坂なおみ初V王手も満足しない 貪欲さ進化の証し

女子シングルス準決勝
世界44位の大坂なおみが世界1位を破る快挙で、ツアー初優勝に王手をかけた。
シモナ・ハレプに6-3、6-0。
日本女子が世界1位から勝利を挙げたのは、96年に伊達公子が国別対抗戦フェド杯でグラフに勝つなどして以来、22年ぶり史上2人目で3度目。
決勝では準決勝で元世界1位のV・ウィリアムズを破った同19位で、同じ20歳のカサキナと対戦する。
強すぎる!! 大坂がわずか64分で世界1位を圧倒だ。
圧巻は第2セットの完封で、日ごろはクールな20歳も勝利の瞬間、思わず左手をぐっと握りしめた。
「とてもハッピー! できるだけ多く返球しようと頑張った」。
完全にパワーでハレプを粉砕した。
ハレプには3戦全敗だったが、1月の全豪4回戦でストレート負けした反省を生かした。
「凡ミスが多かった。
今日は、少しでも長くラリーをしようと心がけた」。
守るところは守り、攻めるところは攻めるメリハリをつけたプレーを徹底。
第1セットだけでタフな相手の心を折り、もう勝てないと思わせた。
第1セット3オールから、驚異の9ゲーム連取で勝負を決めた。
1回戦で元世界1位のシャラポワにストレート勝ちして波に乗った。
2回戦は元世界2位、5回戦では元世界1位で現5位を撃破。
そして、現女王にも土をつけた。
96年の伊達はフェド杯でグラフを下し、ツアー最終戦でセレシュに途中棄権で勝っている。
大坂はツアー個人戦で、最後まで試合を行い世界1位を倒した初の日本女子となった。
そんな快挙にも満足はしない。
徹底した完璧主義者だ。
第1セット先取後、ベージン・コーチをコートに呼んだ。
不満顔の大坂にコーチが「どうした?」と問いかけると「動きが硬い」。
コーチから「世界1位に1セット取ってるんだ。
いい感じだよ」となだめられ、ようやく笑顔が広がった。
貪欲さが成長の証しだ。
決勝のカサキナとは初対戦だ。
実は大会前に股抜きショットを教わった“師匠”で、習得したお礼を勝利で返したいところ。
19日発表予定の最新世界ランクで自己最高の20位台半ばまで躍進する。
現役の日本女子の最高位は土居美咲がマークした30位。
現役最高位を確定し、4大大会に次ぐクラスの大会で日本女子初優勝に王手をかけた。
参照元:日刊スポーツ

スポンサーリンク

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め All rights reserved.