キャッシングの上限

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め

大坂なおみ快勝、クレーコート問題にせずパワー発揮

シングルス1回戦ほか
日本女子として初めて、3月18日に閉幕した4大大会に次ぐ格のBNPパリバオープンを制覇。
自己最高の世界21位に躍進した大坂なおみが、5月27日開幕する全仏オープンに向けたクレーコート・シーズンをスタートさせ、初戦をストレートで勝ち上がった。
大坂は、ツアー本戦の通算勝敗数が、この日の勝利を含め、55勝44敗。
その内、大半がハードコートでの試合で勝敗数は46勝33敗だ。
クレーはわずか12試合目で5勝7敗。
大坂のパワーテニスは、クレーで通用するのか。
この日のプレーを見る限り、答はイエスだろう。
まず、ツアー優勝を飾った経験と自信は大きい。
ポイントやゲームをリードされても、決してあわてない冷静さは、昨年までは見られなかったタフさだ。
自分のプレーをすれば、ある程度、勝てる勝算があるのだろう。
加えて、女子テニスのプレースタイルの傾向が、大坂に味方する。
クレーは、バウンドしてからの球足が遅く、ポイントが簡単に決まらない。
点を取るために、さまざまな球種やショットを使い、引っかき回すプレーが要求される。
しかし、女子テニスも男子テニスに負けず劣らず、球を強くひっぱたくパワーを中心としたスタイルが増えてきた。
パワーでの打ち合いなら、大坂は決して引けを取らない。
逆に引っかき回される方が嫌だ。
この日も、相手は打ち合いに挑むタイプ。
ただ、試合中に3本のドロップショットを放ち、その2本が決まっていた。
このように、多彩なショットをまんべんなくちりばめられる方が、大坂にとっては嫌なはずだが、そのようなタイプは減りつつある。
大坂が優勝したBNPパリバオープン決勝で対戦したカサキナは、その様なタイプ。
ハードコートで勝てても、クレーで対戦すれば強敵になる。
今季2戦目の4大大会、全仏に向けて約1カ月半。
大坂が、最もタフと言われるコート、赤土を制することができるのか。
注目が集まる。
参照元:日刊スポーツ

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め All rights reserved.