キャッシングの上限

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め

大坂なおみ苦手クレーで快勝 5月全仏OPへ好発進

シングルス1回戦ほか
自己最高の世界ランク21位に躍進した大坂なおみが、今季クレーコート初戦を勝利で飾った。
同82位のブレイディを6-4、6-4で下し、2回戦では同74位のシグムンドと対戦する。
5月27日に開幕する赤土最高峰の全仏オープンに向け、好スタートを切った。
これまでクレーはどちらかというと苦手だったに違いない。
一発で決めたい大坂にとって、さまざまな球種と粘りが有効なクレーは我慢という点で鬼門だった。
しかし、今季身につけた安定したプレーでストレート勝ち。
「昨年はクレーでだめだった。
今年は新たにスタートさせたい」。
3月のBNPパリバ・オープンを制した自信は大きい。
4大大会に次ぐレベルの大会を制したのは日本女子初。
昨年の全豪オープン16強のブレイディにゲームやポイントをリードされても「落ち着いて対処できた」。
昨季に顔をのぞかせたピンチで慌てる様子はもうない。
今大会の成績によっては、9日発表の最新世界ランキングで、伊達公子、杉山愛、沢松奈生子に次ぐ日本女子4人目の世界10位台も見える。
全仏に向け、再び大きな飛躍が期待される。
参照元:日刊スポーツ

テニス・ニュースあれこれ・コメント纏め All rights reserved.